クラスタ〜

■慣れてきた…

MacOSX10.3から起こっている、LightWave3Dでのポイント編集でポイントが思わぬ場所に移動してしまう問題ですが、1月も半ばにさしかかった現在も尚、改善されておりません。このタイミングだとLightWave8まで待つしかないのかな…トホホ
自宅で使うPowerMacはLWの為にOSX10.2のパーティションを残してあるから良いのですが、出先で使うPowerBook(OSX10.3)では困ってしまいます(10.2に戻すのも手間だし…)

どうも、クリックしてから最初のマウスの移動距離が異常に大きくカウントされているようで、一度空クリックしてからドラッグするとちゃんとマウスについてきます、つまりポイント選択をダブルクリックで行うのです
PowerBookで作業する時はこの方法で凌いでいるのですが…なんか、慣れてきたよ…(^^;

■Xcode

さてさて、待望のLightWave8ですが、NewTekの発表ではMacOSX版の開発はXcodeに移行し、今後はOSXとG5に最適化していくようです(これによりMacOS9がサポート外に)これは期待できます!

■Xgrid

興味半分で試してみました、簡単にクラスタが組めてしまい驚いてます(^^;
Rendezvousの凄さを改めて認識
LightWaveでもScreamerNetという分散レンダリングができるのですが、使い勝手があまりよくないのです。
Xgridを使って、CPUパワーの余っているMacに『自動的に』レンダリング処理を分散できたら…なんて妄想してしまうのは僕だけでしょうか?
古いMacがますます捨てられなくなります(^^;