Migration

■きまぐれ

メーラーをEntourageからMail.appに、WEBブラウザをIEからSafariに移行しました。
個人的にいまひとつ地味な印象だったMail.appを、きまぐれで開いてみるとEntourageのメールボックスをインポートできる事を発見、勢いで移行してしまいました。ルール等を含めた一通りの機能も十分、迷惑メールフィルタも学習が進めばメールチェックが楽になりそう。
Entourage(not2004)ではできなかった、一部ケータイアドレスへのメールも可能であったり、iToolsと連動が楽だったり(海外でメールを使う際にメール用のポートを閉じられている事が度々あって、iToolsのWebメールで助かった事が何度かあります)なかなかの高機能。ついでに、大昔に使っていたEudoraとNetscapeのメールもインポート、Entourageを含めて3つのメーラーに分かれていたメールが、今、一つになりました(笑)これで過去のメールも検索できるよ。

Safariもメインブラウザに昇格、知人から教えてもらった高速化を施すと、かなりのレスポンス向上!
これは快適です。このサイトのSafariで見るとおかしい部分も修正しました(笑)

  ——————————————————————————–
  ターミナルから
  defaults write com.apple.Safari WebKitInitialTimedLayoutDelay 0.25
  *Safari は終了しておく事
  ——————————————————————————–

MailもSafariも、純正という安心感があります。
Tigerになっても安心です。


冨研さん PowerBook”15とiPodをGET!おめでとうございます。ああ…、あっしもPB”12ポチッてしまいたい衝動が…

メンタリティー

■日本2-1北朝鮮

昨年のアジアカップから、劇的な勝利が続いている日本代表ですが、今回も劇的でした。
開始早々得点した為か、その後の日本は非常に消極的だったように思います、
局面局面で数的優位を作られ、何度もボールをロスしてました…歯がゆい…
しかし、高原、俊介が入ると明らかに流れが変わります、北朝鮮のDF陣が徐々に下がりだし、
逆に日本がスペースを活用しはじめました(連携と高原のフィニッシュはイマイチでしたが・笑)
海外組だから…というわけではなく、試合中に流れを変えたという事が非常に重要だったと思います。
そして、ロスタイムに大黒の劇的ゴール!
結果をみれば、ジーコの采配は大当たりだったのではないでしょうか?

これは単なる幸運なのか?
ジーコがチームに植え付けた最大の武器は、
ギリギリの所で幸運を呼び込むメンタリティーなのかもしれませんね。

CELL

■疑惑のVMX

ISSCCにおいてCellがお披露目されました。
この辺の記事を読んでみると
最初のCellは90nm SOIプロセスで製造され、1つの汎用プロセッサPPE(PowerProcesso Element)と
8つのSIMDプロセッサSPE(SynergisticProcesso Element)の9つのコアを搭載するようです。

ここで注目すべきはPPEがPowerPCと命令セット互換な点、何よりVMX(AltiVec)を搭載している
点です、つまりPPC970互換という事ですね。
メモリやシステムコントローラー等、物理的な実装はさておき、ソフト的にはOSXやそのアプリケー
ション郡も大幅な修正なしに(或は殆どそのまま)実行可能という事になるのでしょうか?

Cellを、Appleが利用するかは現時点では何とも言えないわけですが、
以前から言われていた命令セット互換に加えて、SPEと機能が重複すると思われるVMX(AltiVec)を、
970コアの流用ではなく新設計のPPEに「わざわざ」搭載している事で、その可能性は高くなったと
言えるのではないでしょうか?
最近のOSXが、従来CPUで行ってきた処理を、積極的に外部(主にGPUですが)に処理させるように
なってきているのも将来のSPE対応を睨んでいるようにも思えます。

また、このままのCellを採用しないにしても970互換のPPEは福音です。
G5の3GHz超も見えてきました。

PowerBook

■やっぱG4でしょ!

新宿で打ち合わせのついでに、新PowerBookを見てきました。
ビックピーカンでは展示の準備中で触れなかったけど、Sofmapでは12″と15″を触る事ができました。
一番の目的は新しいトラックパッド、なるほどこれは面白い!
指一本で操作するとマウスカーソルが動き、二本にするとスクロールするんですね、

値段も手頃になり(チクショ〜・笑)
値段と性能がiBook12″からPowerBook17″にかけて奇麗に並んだんじゃないでしょうか?

さてさて、大方の予想通りG5の採用はありませんでしたが、
G4だって優秀なCPUです、捨てたもんじゃありません。
通常使用の範囲で同クロックなら、G4はG5と同等か気持ち速いんじゃないでしょうか?
パイプラインが16ステージ(分岐ミスによるペナルティーステージ数は11)まで延びたG5が、
依然、7ステージのままのG4とクロック当たりの処理能力を同程度に保ってるだけで凄い事なんですよね。
現段階で下手に1.6〜1.8Ghz程度のG5を採用した場合、G4よりも性能ダウンしかねません。

急いては事をしそんじる、G5にはこれから期待するという事で…

■継続は力なり

へんてこ師匠先日から反応ありがとうございます。
てっきり破門されたものだと思ってました。
まあ…入門もしてないのですが(笑)

WEB更新も1年のブランクがあると色々と面倒ですね、
更新の仕方忘れてたり、ブラウザのクッキーが切れてて知り合いのBBSに書き込むにも自分の情報入れ直さなきゃいけなかったり。

見回すとBlogのサイトも増えたし、さすがに今のスタイルでは時代遅れの感は否めません(笑)

iポット?

■iPot

先日、久しぶりに実家へ帰った際、母親から「iPotていうのが流行ってるみたいだけど、何なの?」
と聞かれたので、実物を見せて色々と説明をしました、それとiPotじゃなくてiPodだと言う事も。
結局「何だか分からない」といわれて話は終わってしまいましたが(笑)

それにしてもiPot…
興味がわいたのでネットで検索してみたら、普通に間違ってる人、結構いるんですね。
google検索!

Amazonは確実にiPotで検索して来る人を想定してますな。

■みまもりほっとライン

が!
ここで自分が大きな見落としをしていた事に気がつきます。
Google検索の一番下に

あったよiポット

誕生秘話が泣けます、やるな…象印
物を知らないのは僕の方だったよ…

母親が聞いてたのはコッチだったのかも…
でも流行ってんのかなコレ?

ともあれ、
MacOSX 10.4(Tiger)が出たら、ますます誤解されそうだね。

Mac mini

■Mac mini…

Cubeが発表された時、自分の印象は『いい!』けど『高い!』でした、
CPUはG3でいいから、当時のiMacよりも安ければ云々〜と書いた記憶があります。
ある意味、Cubeの系譜とも思えるminiが入手のしやすさにフォーカスを絞って登場した事は喜ばしい事です。
Cubeの時のように「最新CPUを積んでも値段がハイエンドのPowerMacと同程度」じゃ売れないやね。

CPUはG4の1.25GHzと1.42GHz
思わず自分のPowerMac1.42DualをCHUDでsingleCPUにしてL3を殺して使ってみたけど
普通に使うには十分でしょう?…ていうかL2は僕のPowerMacよりも大きいのね。
HDDが2.5″なのは筐体のコンパクト化と持ち運ばれる用途を意識したのでしょうか。

次期OSへの対応が懸念されていますが、現時点でTigerに完全対応したMacを持っている人はどれだけいるのでしょう?自分の場合、PowerMacもPowerBookも64bitはもとより、CoreImageにすら完全対応してませんです、ハイ!

■ホームサーバー

自分にはminiを購入する積極的な理由はありません
…が、ホームサーバーにするというならアリのような気がします。
実験的に最近稼働率の悪いPowerBook12″1GをAQUOSにつないでiTunesの母艦に使ってみようかな?

■一周遅れ…

などと、何事も無かったようにシレっと更新を再開しましたが、すでに一年遅れでございます!
去年のEXPO SFの事、同じページで書いてるし(笑)

ページ更新しようにもソース紛失してるよ(汗)
次の更新はあるのか?

クラスタ〜

■慣れてきた…

MacOSX10.3から起こっている、LightWave3Dでのポイント編集でポイントが思わぬ場所に移動してしまう問題ですが、1月も半ばにさしかかった現在も尚、改善されておりません。このタイミングだとLightWave8まで待つしかないのかな…トホホ
自宅で使うPowerMacはLWの為にOSX10.2のパーティションを残してあるから良いのですが、出先で使うPowerBook(OSX10.3)では困ってしまいます(10.2に戻すのも手間だし…)

どうも、クリックしてから最初のマウスの移動距離が異常に大きくカウントされているようで、一度空クリックしてからドラッグするとちゃんとマウスについてきます、つまりポイント選択をダブルクリックで行うのです
PowerBookで作業する時はこの方法で凌いでいるのですが…なんか、慣れてきたよ…(^^;

■Xcode

さてさて、待望のLightWave8ですが、NewTekの発表ではMacOSX版の開発はXcodeに移行し、今後はOSXとG5に最適化していくようです(これによりMacOS9がサポート外に)これは期待できます!

■Xgrid

興味半分で試してみました、簡単にクラスタが組めてしまい驚いてます(^^;
Rendezvousの凄さを改めて認識
LightWaveでもScreamerNetという分散レンダリングができるのですが、使い勝手があまりよくないのです。
Xgridを使って、CPUパワーの余っているMacに『自動的に』レンダリング処理を分散できたら…なんて妄想してしまうのは僕だけでしょうか?
古いMacがますます捨てられなくなります(^^;